宮島の弥山へはロープウェイが便利 乗り場や時間などまとめ

宮島ロープウエー乗り場等情報まとめ

宮島といえば世界遺産の朱色の大鳥居が有名ですよね。
瀬戸内海の穏やかな海に佇む姿は感動すら覚えます。

春は桜、夏は海水浴、秋は紅葉と、
との場所や季節を切り取っても、
美しい景色を見ることができます。


その中でも今回私がおすすめするのは、
宮島の主峰でもある弥山(みせん)です。

 
山は特別天然記念物の原生林で、
登山もできるパワースポットです。

最近では「恋人の聖地」に認定され、
弥山に登るカップルも多くなりました。

その見どころは後ほどまとめるとして、
まずは弥山への行き方をまとめてみました。
登山とロープウェイで行くことができます。

宮島弥山ロープウェイ概要

宮島ロープウエー乗り場等情報まとめ
 
※正確には「宮島ロープウエー」です。^^
宮島へはフェリーで渡りますが、
フェリー乗り場からロープウェイの駅まで、
徒歩で約25分かかります。

弥山には思った以上にたくさんの見どころがありますが、
注意点としてロープウェイの終点駅獅子岩駅から、
さらに徒歩で登らないといけないこと。

時間には余裕をもって行ってくださいね!
乗り場や営業時間等の概要は以下の通りです。

宮島ロープウェイ割引情報

乗り場をご案内する前に、
ちょっとオトクな情報を書いておきます。^^

基本的には往復乗車券を購入すると割引になりますが、
もっとお得になる方法があります。

それは広島電鉄の
「一日乗車乗船券」を購入することです。

電車一日乗車券ではないですよ!
広電電車と宮島松大汽船が乗り放題がついた
「一日乗車乗船券」の方です。

広島市内から宮島に市内電車で行く場合は、
JR(広島駅から)より時間がかかりますが、
お得な一日乗車乗船券を買えばロープウェイも割引になります。

 

★広島電鉄

     

  • 乗船券 一日乗車乗船券
  • 販売額 大人 840円 小児 420円

乗車券は電車車内乗務員(運転士・車掌)、
広島駅の電車案内所(路面電車のりば)、
電車定期券窓口、広島市内主要ホテル等で購入できます。
 

★特典~宮島ロープウェイ割引

     

  • 大人往復 通常1,800円→1,350円
  • 小児往復 通常 900円→ 700円

※但し一日乗車乗船券が未使用の場合は割引対象外。
※当日のみ有効です。
その他の注意事項も確認してくださいね!
 

そしてロープウエーを特別価格で利用すると、
さらに嬉しい特典もあります。

スタンプを押してもらった一日乗車乗船券を持って、
宮島口もみじ本陣へ行くと、
もみじ饅頭(3個入り)&売店割引券がもらえます!

広島電鉄の市内電車を利用する場合は、
お得な割引を使わない手はありませんね!

宮島ロープウェイの乗り場

宮島桟橋から紅葉谷駅までは、
徒歩で約25分かかります。
結構かかりますね^^;

宮島ロープウェイ乗り場
出典:宮島ロープウエー公式サイト http://miyajima-ropeway.info/

途中の紅葉谷公園入口(厳島神社裏)から、
ロープウェー紅葉谷駅まで、
約20分間隔で無料送迎バスが出ています。

地図も貼っておきますね。
 ↓ クリックすると詳細を見ることができます。

この地図では宮島側の桟橋(A)から出て
左に行くようになっていますが、
前の広場をつっきることができます。^^

海沿いの道を通るルートです。
商店街(お土産屋さん通り)からでも、
どちらからも行くことができますよ。

弥山へのロープウェイは乗り継ぎが必要です。
まずは紅葉谷駅から榧谷駅までいき、
そこで乗り換えて獅子岩駅までというルートです。

 

  • 紅葉谷線 紅葉谷駅⇒榧谷(かやたに)駅
  • 獅子岩線 榧谷(かやたに)⇒獅子岩駅

 
紅葉谷線は8人乗りで1分間隔に出ています。
乗車時間は約10分です。

獅子岩線は30人乗りで15分間隔で出ています。
乗車時間は約4分です。

宮島ロープウェイの運行時間

季節により営業時間が変更になります。
下り最終時間がありますので乗り遅れないように。
乗り遅れると自力(徒歩)で下山しないといけません。

 

★運行時間

     

  • 12月~2月 9:00~16:30(17:00)
  • 3月~10月 9:00~17:00(17:30)
  • 11月    8:00~17:00(17:30)
  • GW特別運転 8:30~17:30(18:00)
  • お盆特別運転 8:30~17:30(18:00)

※( )内は下り最終時間
※時間は天候等により変更になることもあります。

 
観光客が多い紅葉の時期や土日祝日などは、
かなり混雑するようです。
乗車待ち時間が30分以上になることも…。

土日祝日は紅葉谷駅付近で
乗車整理券が配布されるようです。
時間に余裕を持っておでかけ下さい。

宮島ロープウェイの料金

料金は以下の通りです。
クレジットカードは使えません。

     

  • 大人 往復1,800円 片道1,000円
  • 小人 往復 900円 片道 500円

※大人: 12才以上(中学生)
 小人: 6才以上12才未満(小学生)
※料金は変更になることもあります。
 

宮島ロープウェイにベビーカーや車椅子で乗れる?

残念ながらベビーカーや車椅子では乗車できません。
何故ならばエレベーター等の施設がないからです。

ロープウェイを下りてからも、
整備されているとは言え少し歩かないといけません。
少し足に不安がある方は難しいかもしれません。

※但し紅葉谷駅事務所に、
ベビーカー等を預けることはできます。

また、ペットは乗車不可です。
※盲導犬、介助犬などは乗車できます。

弥山登山モデルコース~ロープウェイ利用

 
宮島弥山モデルコースの所要時間

出典:宮島観光協会 http://www.miyajima.or.jp

先程ロープウェイを下りてからも、
展望台までは時間がかかりますよと書きましたが、
実際にはどれくらい時間がかかるのか調べました。

紅葉谷駅⇒(宮島ロープウェイ)⇒獅子岩駅
⇒弥山本堂⇒弥山展望台

このコースだと獅子岩駅から山頂まで約30分です。
山頂にも弥山の奇岩怪石と言われる
特徴的な岩がたくさんあります。

本堂から展望台に行く途中に、
観音堂、文殊堂、くぐり岩や不動岩があります。

さらに往路は大日堂の方の道を行くと、
弥山七不思議の干満岩、舟岩、疥癬岩を見ることができます。
時間に余裕があれば是非足を伸ばして下さい。

弥山のみどころ

弥山は標高535mの山です。
私も一度登山で登ったことがありますが、
山頂から見る絶景には、しばし時間を忘れるほど感動しました。

体力に自信がある方は登山もいいと思いますが、
ロープウェイがおすすめです。^^

毎年元旦には初日の出を拝みにくる人も多く、
1年を通じて景色は素晴らしいものがあります。

見どころとしては、
展望台からの景色はもちろんですが、
弥山本堂、(消えずの)霊火堂、大日堂、
奇石の数々、ペトログラフ(古代岩文字)…。

宮島の大鳥居や神社とは違う、
もっと神秘的なものを感じるのが弥山です。

もし興味があるなら獅子岩展望台にある、
ペトログラフもおすすめです。

約3万年前から紀元前2000年頃の文字が、
刻まれた石があります。

「日神ラー」とか「大地男神ゲブ」とか、
どうやって解読したの?って思うような文字たち。
不思議ですよね~。

鯉恋(リレン)のまとめ

宮島と言えば大鳥居や神社がシンボルマークですが、
実は弥山もスゴイんですよねー。

ちょっと時間がかかってしまうので、
時間がないと難しいかもしれませんが、
本当に絶景なので一度は行ってほしい場所です。

ちょっとした悩みやストレスが、
ちっぽけに感じる程です。

スマホもパソコンもない古代に
思いを馳せてみてはいかがでしょうか?
私も久しぶりに行ってみたくなりました。

関連記事

関連記事がありません。