カープ次世代の四番は誰がいいか考えてみました

おはようございます~。
久々の投稿になりますがお元気でしょうか?

オリンピックも終わり後半戦に入りましたね。
カープ戦士たちの活躍は嬉しかったです。

本来なら私も準々決勝、準決勝は現地観戦の予定でしたが、
コロナのせいで無観客になってしまったので残念でした。

緊急事態宣言も続いていますので、
皆さんも気を付けてお過ごしくださいね。

誠也君がメジャーに行ったら次の4番は誰?

さて、オリンピックを見ながら考えていたのですが、
誠也くんがもしメジャーに行ってしまったら、
一体全体誰がカープの4番を担うの?ってことですよ。

もちろん誠也くんがカープに残ってくれたら、
これ以上嬉しいことはないのですが、
メジャーに行って大谷くんのように活躍してほしい!

そう思う自分もまたいるのです。

そこで私の勝手な妄想ではありますが、
次世代の4番は誰がいいのか?について考察してみました。

①林晃汰

前半戦で主力選手のほとんどがコロナに感染し、
チャンスを掴んだのが林晃汰選手です。

私はこの選手の何が好きって「顔つき」です。
4番の雰囲気ありありだと思うんですよね。

「何がなんでも打ってやる」的な目つきといい、
パ・リーグの選手を思わせるようなスイングの力強さといい、
次世代の4番に相応しいんじゃないかなと思っています。

このところ打ちたい打ちたいが見えて、
三振するシーンも多くなりましたがそれもまた勉強です。

獲物を狙うような今の目つき(気持ち)を忘れずに、
このまま一軍の経験を積んでスクスクと成長してほしいです。

②正隨優弥

変換しても文字が出ない正隨選手も私の中では4番候補です。
広島出身ということもあり花咲いてほしい選手のひとり。

彼もまた面構えが好き(そこかい!って言われそうですが)なんです~。

2018年のドラフト6位選手ということで、
きっと「やってやる!」精神もあるでしょうし、
なんと言ってもサラブレッドですからね。

ファームでも打率を残しているので、
近い将来、一軍定着してくれるんじゃないかと思っています。

それまではファームでがんがん打ちまくってほしいです。

③坂倉将吾

キャッチャーで4番となるとしんどいのかもしれないですが、
このところの活躍を見ると誠也くんがホームラン打つと、
坂倉選手もホームラン打ってますよね。

誰かが言ってたけどキャッチャーならではの配球の読みもできるから、
狙いを定めてホームランが打てる、みたいなね。

キャッチャーなのかファーストなのか、
本人はキャッチャーがいいのだろうけど、
バッティングが良すぎるのでね。

キャッチャーで4番もありなのかな~??
しんどくなければお願いしたいところです。

カープの若手に期待!

コロナで主力選手が離脱した時はどうなることかと思いました。
交流戦はさんざんな結果でしたし、その後もイマイチでしたもんね。

マツダスタジアムは応援歌を流さないから、
チャンスの時もなんだかバラバラの応援で、
圧倒的な応援がないぶん相手がビビらない…。

私たちファンは応援で選手を後押ししたいのに、
それができないのはもどかしいばかりです。

そんな中でもこのチャンスを活かすべく、
若手選手が頑張っていますよね。

色々あった小園くんはレギュラー化してますし、
林くんも森浦くんも頑張ってます!
玉村選手もいいですよね。

中村奨成選手も早く出てきてほしいんですが、
いかんせんキャッチャーの層が厚いですもんね。
たまにはレフトで出してあげてほしいです。

ということで次世代の4番候補を勝手に考えましたが、
皆さんは誰がいいと思いますか??

順位があれなのですがまだまだ試合数はあります。
少しでも上位になれるように応援したいと思います!

関連記事

関連記事がありません。